※はじめての方へ

はじめまして。きうち自然形体院の木内です。



こちらをご覧になられている方々の中には何かしらの症状・痛みにお悩みになられている方がいらっしゃるのではないでしょうか。


症状・痛み等の苦痛や辛さに耐えておられる方の少しでも希望に繋がればと思っています。


長めの文章になってしまうかもしれませんが、最後まで読んでいただけると大変嬉しく思います。


はじめに勝手ながら私自分の話をさせていただきます。 少々お時間をください。


私と自然形体療法の出会いは約7年前になります。


私は元々この療法の施術を受ける側の人間でした。


私自身、身体が強い方ではありませんでした。 内蔵の方に持病?みたいなものを幼い頃からもっていました。


その症状により10代、20代と何度か入退院を繰り返し、その度に『手術しないと治らないよ。』や、『遺伝的なものも関係あるかな。』や、『原因不明です。』とも言われていました。


身体を切る(手術)だけはどうにもならない時の最後の手段として考えていました。


7年前、医療とは全くの別業界で働いていた頃、専門学校時代の友人が自然形体療法の勉強をしていると聞きました。

(私も一応医療の専門学校に通っておりました。 途中でドロップアウトしましたが・・ 詳しくはまたどこかでお話しできる機会があればと思います。)


噂によれば自然形体療法はなかなか凄いと。


でも自然形体療法なんて何も知らないし、聞いたこともないし、まず怪しい・・・。


まずその当時は民間療法なんて一切信用していませんでした。


民間療法によって身体がおかしくなった。と新聞に注意喚起が多く取り上げられる様な時期でもありました。


興味本位で冗談ぽくその友人に『自分のも良くなるか?』と聞いたんです。


友人は二つ返事で『大丈夫。』と。


いや本当かよ。 お医者さんにだって手術しかないよ。って言われたのに・・・?


しかしその当時が自身の体調的にも絶不調期。 


騙し騙しでなんとか仕事も続けている状態。


入院。薬による治療。 あの時に自身で出来ることはほとんど試したと思います。それでも悪くなっていく一方。


もういいや。どうなるかわからないけど手術してしまおう。  そう思っていた時期でした。


藁にもすがるってこういうことなのでしょうか??


自然形体療法の施術を数回受けてみてダメならもう手術してしまおう。


定期的に施術を受けてみることに。



誇張しているように聞こえるかもしれません。嘘のように聞こえるかもしれません。

ですがどんどん体調が良くなっていっている感覚がありました。


本当に。


のた打ち回る程苦しんでいた症状が出てきていない。


一時期は吐き気と1日戦いながら仕事をしていたのが1日元気に仕事を終えられる。


痛みで一睡もできずに仕事に向かう事も珍しくなかったのが、しっかり睡眠をとれている。



その時の感動を私は今でもずっと忘れられません。 本当に。視界がパッと明るくなる感じ。 


説明下手ですみません。


自然形体療法って本当に凄いのでは・・。


その時に思いました。 


この感動は私からも同じような症状、その他の様々な症状で苦しんでいる人に与えられるんじゃないかと。


人間の身体というのは不思議で、なにかしらの症状・痛みがあると心の底から楽しい・嬉しいって気持ちがどんどん削られていくんです。


その辛さだけが何をしていても頭をよぎります。


これは私自身もそうでしたので。


本当にキツイです。

もし周りからの理解が得られない場合、尚更です。

これはスポーツ障害などの怪我も同じ事です。

成長痛や怪我などの痛みは本人にしかわかりません。

レギュラーを外されるのではないかと怖くて休めない子もいます。

本当に痛いけど、中にはズルをして休もうとしているんではないかと思われるのが怖くて休めない子もいます。

痛いとすら周りに言えない子がいます。


周りの理解が無ければどんどん身体と気持ちが削られていく場合があります。


お父様、お母様、お身内の方、そしてお仲間の方々、どうか寄り添って話を聞いてあげてほしいと思います。




この仕事をはじめてから今も変わらず持ち続けている思いがあります。


症状や痛みで本当に悩んでいる方、苦しんでいる方にあの時に自分が味わった感動を知ってもらう事です。


自身、様々な場面での『元患者』。 なぜ病院や施術院に患者さんが行くのか。何が目的なのか。  少しかもしれませんが理解しています。



これからも考え続けます。 どうしたら改善するか。 どうしたら良くなるか。どう考えたら早く日常生活・仕事・競技に戻してあげれるか。


考えて考えて考えます。


これだけはお約束します。


私は諦めません。



長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

そもそも自然形体療法って??

痛み、症状の原因から解決する施術方法です。


自然な身体の動きを利用して、正常な状態へと導きます。ボキボキ・ゴリゴリといった事は一切しません。


症状の原因により手法が異なり、最も適した手法で施術します。


軽く触れる(静圧)、揺らす(捻転)、さする(指撫法)ことで、自律神経(脳)に働きかけ、緊張や歪みを解消していき、患者さん自身の回復力を引き出します。


施術中、多くの患者さんが眠られるほど心地良いものです。


ですので、小さなお子様からご高齢の方までが安心して受けられる事が出来ます。

身体に危険や危害を加えず、傷付けず、痛み・苦痛も与えず、その場で短時間で改善させる。


これが施術の理念です。


身体は常に自分自身の力で治そう治そうとしています。

常にです。生活している間も寝ている間も。

そのはずなのに、何故良くならない事があるのでしょう?

それ原因となる部分が治るのを妨げているからです。

私たちはその部分にキッカケを与えるだけです。

キッカケを与えてその人自身の身体の回復力で改善させていくように促すのです。

どの治療法、施術法にも言える事ですが治療者・施術者が治すのではありません。

病気・症状は本来自身の身体で治せるものなのです。

私たち施術者はあくまでキッカケを与えているだけなのです。


ちょっとわかりやすく例を!

上の説明だけじゃなんだそれ??  ですよね。


ちょっとわかりやすい例を!

【花粉症】 皆様一度は聞いたことはありますよね?

花粉症って本当に花粉が原因なのでしょうか?

もし花粉が原因で発症するなら日本人全員が花粉症にかかってしまうはずですが、事実はそうではありません。

それは花粉が原因ではなく、誘因にすぎないので、原因が無い人は花粉を浴びても何の問題も起こらないのです。

自然形体療法は、この原因を解明した上で、施術を行っていく為効果が期待できるのです。


その他にもほとんどの症状は必ずといっていいほど原因があるのです。

オスグッド病(成長痛)の本当の痛みの原因

次はオスグッド病です。


一般にオスグッド病(成長痛)になるのは、野球、サッカー、バレー、バスケット、陸上などのスポーツをやっている小学生や中学生の子供に多い膝の痛みです。 成長期になるため、成長痛とも言われています。


成長期だから痛いのは仕方がない??

成長期が終わるのを待つまで我慢してください??


このような事をお聞きになった、又は言われた方もいらっしゃるんではないでしょうか?


でも、本当にそんなことはないんです!


確かに成長痛は成長期の段階で筋肉の発達が追い付かず、その間の激しい運動等で痛めてしまうケースもあります。


しかし成長痛と言うならば皆、成長段階で激しい運動をすれば痛みが出るはずです。


でもそんな事はありません。 痛みが出る子は必ず何かしらの原因があるのです。



オスグッド病は、大腿及び下腿、膝周辺の筋肉の疲労、緊張、癒着が原因で筋肉に引っ張られ関節がズレる。関節がズレて曲がりにくくなっているところに無理に曲げようとするので痛みになる。

また、緊張や癒着によって膝蓋靭帯が常に圧迫されることで剥離を起こし、裂けた状態になるため膝を屈伸したりジャンプしたりした時に痛みが出てしまう。 これらの痛みが原因で、その部分を身体が保護しようとするために脛骨粗面の隆起が起こる。 というのが私たち自然形体療法の考え方です。


自然形体療法では、独自の手法で裂けた靭帯を回復させ、関節のズレも動作転位という手法で痛みがなくなります。

また、自己療法で自分で回復させる方法を教えています。

自宅、学校、どこでも出来ますので回復が早く、痛みが無くなった後は、予防にもなります。


実際に施術を受けられて、早期に競技に復帰されている子はたくさんおられるのです。

その他のスポーツ障害、その他の身体の不調にも必ずといっていいほど原因があります。

一生に一度の大切な時期に思いっきりプレーさせてあげたい。挑戦させてあげたい。

ただただ、その思いです。



最後に。 スポーツ障害専門だから他の症状はみてくれないんですか? とよく聞かれますが、そんなことはありません。

その他の症状にももちろん効果が期待できる手法はたくさんあります。

スポーツ障害のお客様の他にも身体の不調で施術を受けにこられる方はたくさんおられますので安心してください。


お悩みの方はまず、ご相談ください。