オスグッド病 中学校で野球をしている男の子

ご訪問いただきありがとうございます。

香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。


【10代 男の子 野球】

先月中旬、部活中に脹脛(ふくらはぎ)部分が張ってきて走れなくなり、遂には動けなくなった。 その時に膝もかなり痛い状態。


帰宅時にお母様から見ても脹脛が異常なくらいにまでパンパンに張っていた為、急遽お電話を頂いた。


しかし私が丁度その日より研修で県外にいた為、自宅でできるケアを指導させてもらい様子を見てもらう事に。


そして先週来院。 お電話を頂いた後も中々痛みが引かず、整形外科を受診。 安静にしとくように。との事。


約2週間が経ち脹脛の張りは治まったが膝の痛みが治まらない。 他にも背中の痛み、肘を伸ばした時の痛み、足底(足の裏)の痛みがある。


まさに満身創痍。 おそらく身体の回復が追い付かず、疲労しきっているのでしょう。本人も疲れが取れないと言っていた。


膝に関しては以前にオスグッド病(成長痛)と診断されている。


現在の状態は歩く時はそんなに問題は無いけれど、走ると痛い。特に階段の昇り降りが痛みが強い。 膝蓋骨(膝のお皿)周辺を押さえると痛い。


施術開始です。


座ってもらった状態だけでも身体が大きく歪んでいるのがわかる。座った状態で歪みを細かに戻していく。

まずここで背中の痛みを改善させる。


ある程度歪みが改善されてきたところで腰周辺に触れてみると腹斜筋(お腹の横の筋肉)辺りがガチガチ。 これ嘘でしょ!?ってくらいにガチガチ。 本当に。。。


多分ここ数年でも一番硬かったと思います。 軽く手で圧をかけただけでも『痛い痛い!めっちゃ痛い』という反応。というか全く手が入っていかない。 これだと腰椎の横にある大腰筋まで疲労して硬くなっている。 ここが今回の膝の痛みや脹脛の張りの大きな原因になってくるでしょう。

この状態で練習していたと思うと本当に我慢しながらやっていたんだなという印象を受けました。


これは座った状態でこの硬さを取っていくのは難しいので横向きに寝てもらう。


マザーキャットを使い入念にこの硬さをとっていく。 時間は少しかかったが段々と取れていき圧痛もとれてきた。 手もだいぶ入っていく。


これでやっと次の施術に移れます。 というよりもここを残しておくと痛みが取りきれなかったり、戻ったりします。 本当に重要な部分。


次に足底の痛み。 これは足底に牽引を少しかけた状態でアプローチしていくことで改善。


次に膝の施術。 大腿部(ふともも)、脹脛ともに疲労によって筋肉の収縮があるのでそれにたいしてアプローチしていく。 しっかりとストレッチもかける。押さえて痛むところには筋肉やその周辺の組織の細かな修復をしていく。


ここも多少時間がかかったが押さえての痛み、階段の昇降時の痛みも無くなり改善。


次に肘。 伸ばした時に痛む筋肉にたいしてアプローチをかけていくことで改善。


最後に全身を調整していく。


施術後に来院時にあった症状を全部確認していき、すべて改善されている事を確認できたので施術終了。


自宅でできるケアを再度ご指導させていただいた。


症状は改善したがここまでの全身の疲労があるので、戻らない為にあとはどれだけ身体が回復してくれるか。


大腰筋にたいしてアプローチをかけているので大分変わってくるはず。


ケアをしっかりしていき、また全力でプレーしてもらいたいです。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。


 【きうち自然形体院】

🏠 さぬき市志度870-10 

📞  087-894-1706

















きうち自然形体院

香川県さぬき市【スポーツ障害専門】 ・オスグッド病(成長痛) ・有痛性外脛骨 ・ジャンパー膝 ・野球肘 野球肩 ・シーバー病 ・肉離れ その他、スポーツ障害の早期改善に!