kiu

記事一覧(27)

膝に水が溜まっての痛み。曲がらない!

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代  男の子  ハンドボール】施術後にご報告を頂きました。ハンドボールの練習中に膝に違和感が出だし、段々と腫れたような状態となり曲がりにくくなった。膝周辺は押さえるとブヨブヨの状態。90度近く曲げようとすると制限がかかり、そこからさらに曲げようとすると痛む。すぐに整形外科に行き検査を受ける。検査結果は膝が炎症を起こし水が溜まっているとの事。水を抜いてしまうという治療の選択肢もあると言われたそうです。週末に県外での遠征があるのでそれに参加する為に急遽ご来院されました。来院時、膝周辺は左と比べると目視で分かるほど膨れていました。触れてみるとブヨブヨ。 確かに水が溜まっていました。まずはその水を流していきます。そもそも身体にとって水は必要なもの。自分の身体が判断してそこに水を溜めています。なので水を抜けば多少は楽になると思いますが、原因が改善していなければその部分にまた水は溜まっていきます。これは井戸と同じで、水をいくら汲み取ってもそこに蓋が無ければまた水は溜まってしまうのです。原因となるものが無くなれば膝に溜まる水は自然に流れていくのです。という事で、水をまずは流します。15分ほど水を流す為の施術。この時点で右膝の膨らみはだいぶ引いていき、触れてもほんの少しの膨らみがあるかな?といった状態になった。膝の曲がる角度は90度を軽くこえていた。次に膝周辺だけではなく、太腿(ふともも)の前側裏側等、膝から遠く離れた場所から筋肉の緊張(ハリ)を改善させていきます。この施術後、膝の水の膨らみがほぼわからないほどになった。曲がる角度も左膝とほぼ同じ。 曲げての痛みも改善。  立ってもらい屈伸、ジャンプ、ハンドボールのジャンプシュートの着地、などの動きをしてもらったが痛みは出なかった。おそらくこれで大丈夫。これでその日の施術を終えました。そして後日、周辺の県外遠征にも参加。 無事に遠征の練習にも参加でき、その後の状態も良好で現在も変わりなく練習に参加できているとお母様からご報告を頂きました。ほっと一安心。学生スポーツの時間は限られています。 短い期間の中で怪我等によって休まざるえなくなったその1日、その1週間は戻って来ません。できるだけその限られた時間を全力で楽しんでほしいと思います。是非ラストスパートに向けて頑張ってもらいたいですね!最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

オスグッド バレーをしている男の子

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代 男の子 バレーボール部】先週末が3回目のオスグッドの施術。初来院時の状態は、ジョギング程度のスピードで走るのが痛い。(酷い時は軽く歩くのも痛みあり)屈伸時に膝が曲がり出す時が痛い。ジャンプでの離着時が痛い。膝のお皿下あたりを押さえると痛い。・1回目の施術来院時にあった痛みは全て改善がみられ帰宅された。・2回目の施術初回施術から3日間程は調子が良かったが、また少しずつ痛くなってきた。 初来院時前よりは痛みはマシ。 初来院時の痛みが10だとしたら5程度の痛み。  来院時の痛みは改善がみられ帰宅。・先週末3回目の施術だいぶ膝が動くようになってきた。 部活の練習にフルで参加できている。 まだ少し痛みが出る調子の悪い日もあるが、痛みとしては1や2程度の痛み。 調子の良い日は一切痛みが出ない。 この日も来院時の症状は全て改善がみられ帰宅された。だいぶ調子が良い様子です。彼の場合、膝周辺(太ももやふくらはぎ)の筋肉の硬さもありましたが、主な原因は腰の深部に在る筋肉でした。最近来院される子でここが原因で膝の痛みが出ている子が本当に多いです。普段からの姿勢もかなり関わっているんだろうなと思います。この後はある程度動いてもらっていた方が症状がもっと引いてくるのではないかと予想しております。またもし報告等がありましたら書きたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

オスグッド その後とジャンプ着地時の痛み

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代  男の子  ハンドボール】少し前の施術になるので、思い出しながら・・。去年の年末に整形外科にてオスグッド病と診断され、知人のご紹介でこちらに来院。体育の授業の後、膝のお皿の下あたりに骨が出っ張っている事に気付いた。押さえると痛く、膝を曲げてしゃがむのも痛い。ハンドボールの練習中も走ると痛いし、踏ん張るように下半身に力が入ると痛い。あとは正座するとかなり痛む。といった状態でした。1度目の施術後に痛みは改善し、ご帰宅された。そして今月に入って2度目のお電話を頂いた。お母様のお話では1度目の施術後はその後、一切膝の痛みも出ず、直ぐにハンドボールの練習にも復帰されたとの事。施術後はどうなったかなー?と思っていた頃に丁度お電話を頂いたので嬉しいご報告でした。今回は、また少し膝が痛む感覚が出てきたのでご来院されました。ご来院時の状態は、ジャンプの着地時に膝が痛む感覚がある。前回のオスグッドの部分とは少し違う場所。前回のオスグッドの症状の再発とは違う様子。軽く走る程度なら痛みは無い。施術開始です。全身を調整しながら施術をしていく。膝の施術に移る。膝の曲げ伸ばしに関わる筋肉に少し緊張が見られるので緊張をとっていく。ここでジャンプしてもらい痛みの確認をするが痛みは変わらない。痛みが出ている周辺の組織の修復をしながら動作をしてもらうが、これも痛みは変わらない。この後もいくつか施術方法を試すが、なかなか痛みに変化は見えない。若干焦る。必ず原因はあるはずなのですが・・。彼『なんか飛んだときに足が置いていかれる感じがして着地した時に痛い。』ここでやっと気付きます。私の手で彼の足をしっかり固定しながら、私の方に向かって全体重をかけて寄りかかってもらう。これで確認。ジャンプしてもらう彼 『全然痛くない!!』私 『全く痛くない?』彼 『全く痛くないです。』色々な動作を試してもらうが、痛みは出なかった。症状のある方の足の骨(関節)のズレが痛みの原因でした。彼の途中の痛みの表現が無ければもしかしたら見逃すところでした。これは施術の序盤で確認しておかなくてはならない事です。施術家として本当にまだまだですね。猛省です。とりあえずは症状が改善してくれて良かった。最後に再度全身の細かな調整をして本日の施術を終えた。前回のオスグッドに関しては改善しているようです。今回はまた別の原因でしたので。もっと早い段階で結果を出せるようにならなくては。 と思った施術になりました。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

オスグッド病 野球をしている中学生

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代 男の子 野球】昨年6月頃から両膝が痛みはじめ、年明けから痛みが強くなりだした。右膝の方が強く痛む。膝のお皿の下を押さえると痛い。走り出しに痛みあり。ジャンプで痛みあり。膝の屈伸の途中で強く痛む。体育祭?で踊りがあるそうなのですが、その踊りの動きでも膝に負担がかかると痛い。痛みが強いので約1カ月、野球はお休みしている。施術開始です。座った状態で、押さえて痛い部分を取り除いていく。左右から痛む部分を修復しながら自分で押さえてもらう。彼『痛くないです。』ここは膝部分の組織の剥離(裂けている状態)が原因のようです。ここを修復する。押さえての痛みはこれだけで改善。そのまま座った状態で上半身の歪み・捻じれの修正。次にうつ伏せでの施術。太腿(ふともも)前側の緊張が強い。ここの緊張を取る事で前側の伸びもでてきた。ストレッチも痛み無くかけられるようになった。この時点で、寝た状態での曲げ伸ばしは痛み無し。脹脛(ふくらはぎ)、大腿(ふともも)裏の緊張と疲労も取っていく。膝自体のズレや捻じれは無かったのでここで確認。膝の屈伸。 来院時は屈伸途中で痛みが出るので恐る恐る曲げていたように見えたが、スッと最後までしゃがみこめるようになっている。彼『痛くないです!』私『ジャンプはどう?』飛んでもらう。彼『痛くないです!』着地も問題なさそう。体育祭での踊りの動作も見させていただいたが大丈夫な様子。お母様『この動きずっと痛いって言ってたのにね!』来院時に痛んでいた動きを全て確認させてもらったが大丈夫。その後に上半身から全身にかけて調整を続け施術終了。約1カ月近く野球をしていない状態なので恐らく、動きの中での筋力は落ちてしまっている。 復帰直後から急に全力でプレーしてしまうと筋力が追い付かずまた痛みが出てしまうケースがある。徐々にプレー内容のレベルを上げていければまた動きに必要な筋力は戻っていくので焦らず。ということをお伝えした。早期復帰を目指し、また全力でプレーしてもらいたい。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】 🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

オスグッド ハンドボール少年

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代  男の子】約半年前より両膝が痛くなり始める。最初は左膝が痛くなり、その後すぐに右膝も痛くなり始めた。歩くのにそこまで痛みは無いが、走るとだんだん痛みが増してくる。しゃがみこむのが苦痛で下までいこうとすると膝を前に出すようにしないとしゃがめない。膝のお皿の下辺りを押すと痛い。その為正座はできない。ハンドボールでいうとシュートをする際に踏ん張ると膝の痛みが強く、力が抜けてしまう感じがする。この半年間、練習は休んだり軽く参加したりを繰り返しているそうだ。整形外科の方ではオスグッドと診断され、安静にしておけば治るので練習もほどほどに。とのこと。本人は早めに練習に参加したいとのことで、コチラのブログを読まれて来院。お話を聞き、痛みを確認。身体の捻れや歪みが大きく見られる。練習は休み休みで無理せずやっているそうだが、筋肉の硬さがそれほど取れていない。私『寝て起きたら疲れ取れてる?』彼『なかなか起きれなくて、起きると身体が痛い。』この疲労具合だと頷けるし、身体の捻れや歪みが回復を妨げているように思う。ここは必ず戻さなくては。座った状態で上半身を整え、膝の施術に移る。膝周辺の筋肉の疲労を取っていき、しっかりとストレッチをかける。お話の中で走っている途中に痛みが増してくると聞いていたので、この場合腰の深くの方の筋肉の疲労もあると思われるのでコチラにもアプローチ。彼『重りがのいた。』私『重り?』聞くと、脚を上げるのが凄く重たく感じていたそうで、その重たさが今退いたという意味らしい。こういう表現をする子もいるんだなと、私が勉強になりましたm(_ _)mその後の施術中は、最後までずっと寝むっていました。施術後、痛みの確認。しゃがみこむのは痛みなし。外で走ってきてもらう。8割くらいの速さまでは痛みなし。 10割、全力で走ると少し痛い。腰の深部の筋肉にもう少しアプローチをかける。これでもう一度走ってきてもらう。彼『久しぶりに全力で走った! 痛くない。 めっちゃしんどい。』全力で走れたのはかなり久しぶりの事らしいく、凄く疲れた様子で帰ってきた。同時にシュート動作を確認したが、これも大丈夫。これ以上急激に走らしたり、動かさすと疲労が強くでてかえってしんどい思いをすると判断したのでここで止めておきます。最後にお皿周辺の押さえての痛みを確認。少しまだ痛みが残っているので、ここは痛む部分の修復をおこなう。これは筋組織が剥離している状態であり、修復可能な部分なのです。これで押さえての痛みもほとんど無くなり、正座もできました。来院された時の痛みは今の所OK。家でできるストレッチ、ケア方法を教えて本日の施術は終了です。そして本日お母様から報告の電話をいただきました。施術した3日後より練習に参加。 フルメニューをこなせたそうです。朝起きた時の痛みも施術翌日は出たものの、それ以降は無いそうです。良い感じかな。練習後にまだ少し気になる程度の軽い痛みが出ているそうなので、来週に施術の予約をとられた。おそらくそこで全て取りきれそうな予感がします。また何かあればブログに書きたいと思います。ここ最近、なかなかすぐに上手くいかない施術が重なっていて気持ちが落ち込んできていたのでこのご報告はとても嬉しかったです。練習頑張ってください!最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

めまい・ふらつき

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【80代 女性】徳島県での施術。年明け前より体調を崩し、年明けから3回目の施術。ふらつきが酷く、年明けには歩くのもやっとの状態で、お手洗いから戻ると立っていられずにそのままお布団に倒れ込んでしまう状態。1回目、2回目の施術後は大きな変化は見られなかった。3回目の施術に向かう車中でずっと考えていました。症状がまだ残っていればどこをどうするか。まだ改善が乏しければ他の部分をどうすればよいか。 どう楽に施術を受けてもらえるか。 そんなことを考えていると一瞬で現地に到着していました。私『こんにちは。 失礼します!』女性『先生こんにちは! どうぞ入って! 先生これ見てよ!!』すたすたとこっちに向かって歩いてきている。先週からでは本当に考えられない姿。先週は壁をつたいながらゆっくりと歩いてきていた。表情も明るく笑顔でこっちに来てくれる。危ない。もうちょっとで泣くところだった・・・お話を聞くと、前回の施術後に調子がどんどん良くなっていったらしい。私自身前回前々回の姿を見ているのでもう少し時間がかかるかもしれないと思っていた。本当に良かった。3回目の施術はその他にもまだ気になるところを聞きながら施術していく。施術後もすっと立ち上がり歩いていたのでおそらく大丈夫だと思う。女性『先生に会えたのが私からしたら宝くじに当たったみたいなもんなの。』危ない。もうほぼ泣くところだった・・・本当に嬉しいお言葉です。私がこの仕事をしている事も宝くじに当たったような確率なのです。私の場合は様々な方の様々な助けがあってできている事ですが。。またこのお仕事に対するモチベーションが一気に上がる一日でした。お大事に。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】 🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

一週間前からの腰痛

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【60代 女性】一週間前に服を着ようとした際に急に腰に痛みがでた。位置は左側の腰背部から脇腹の下あたりにかけて。前屈(腰を前に倒す)や腰を左右に捻るには問題なし。後屈(腰を後ろに倒す)と右に側屈(腰を右に倒す)すると強く痛みがでる。仰向けに寝ると常に痛みがあり、左側を下に横向きに寝ても常に痛みがある。歩いていても痛みあり。一週間経過するが痛みが減らない為、来院。施術開始です。座位で上半身の歪みと捻じれを戻す。次に寝た状態での施術に移りたいが仰向け、うつ伏せともに痛みが出る為、左側を上にして横向きに寝てもらう。お話をきいていた段階で左腰の深部(左の腰の深いところ)の筋肉の問題だろうと予想できたのでその部分にアプローチをかけていく。圧痛(押さえての痛み)も確認できたのでMCを使いながら調整していく。腰部分の影響で臀部(お尻)にまで症状がみられたのでこちらも整えていく。骨盤の調整もここで行う。ここで痛みの確認。いろいろ体勢を変えて動いてもらう。『大丈夫です。 痛み無いです!』すっと仰向けにもなれていた。左を下にしての横向きも大丈夫。割と早くに改善がみられたなぁ。という印象です。その後に全身の調整を続けていき、最後にすべての痛みの確認をしたが側屈、歩行も問題なし。『普通に歩けてる!』来院時に腰に手を当てながら玄関をあがって来ていたのが、帰宅時にはすっと玄関を出ていく姿が見れたのでとても安心しました。無理はせず、お仕事の方頑張ってください。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】 🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

オスグッド病 中学校で野球をしている男の子

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代 男の子 野球】先月中旬、部活中に脹脛(ふくらはぎ)部分が張ってきて走れなくなり、遂には動けなくなった。 その時に膝もかなり痛い状態。帰宅時にお母様から見ても脹脛が異常なくらいにまでパンパンに張っていた為、急遽お電話を頂いた。しかし私が丁度その日より研修で県外にいた為、自宅でできるケアを指導させてもらい様子を見てもらう事に。そして先週来院。 お電話を頂いた後も中々痛みが引かず、整形外科を受診。 安静にしとくように。との事。約2週間が経ち脹脛の張りは治まったが膝の痛みが治まらない。 他にも背中の痛み、肘を伸ばした時の痛み、足底(足の裏)の痛みがある。まさに満身創痍。 おそらく身体の回復が追い付かず、疲労しきっているのでしょう。本人も疲れが取れないと言っていた。膝に関しては以前にオスグッド病(成長痛)と診断されている。現在の状態は歩く時はそんなに問題は無いけれど、走ると痛い。特に階段の昇り降りが痛みが強い。 膝蓋骨(膝のお皿)周辺を押さえると痛い。施術開始です。座ってもらった状態だけでも身体が大きく歪んでいるのがわかる。座った状態で歪みを細かに戻していく。まずここで背中の痛みを改善させる。ある程度歪みが改善されてきたところで腰周辺に触れてみると腹斜筋(お腹の横の筋肉)辺りがガチガチ。 これ嘘でしょ!?ってくらいにガチガチ。 本当に。。。多分ここ数年でも一番硬かったと思います。 軽く手で圧をかけただけでも『痛い痛い!めっちゃ痛い』という反応。というか全く手が入っていかない。 これだと腰椎の横にある大腰筋まで疲労して硬くなっている。 ここが今回の膝の痛みや脹脛の張りの大きな原因になってくるでしょう。この状態で練習していたと思うと本当に我慢しながらやっていたんだなという印象を受けました。これは座った状態でこの硬さを取っていくのは難しいので横向きに寝てもらう。マザーキャットを使い入念にこの硬さをとっていく。 時間は少しかかったが段々と取れていき圧痛もとれてきた。 手もだいぶ入っていく。これでやっと次の施術に移れます。 というよりもここを残しておくと痛みが取りきれなかったり、戻ったりします。 本当に重要な部分。次に足底の痛み。 これは足底に牽引を少しかけた状態でアプローチしていくことで改善。次に膝の施術。 大腿部(ふともも)、脹脛ともに疲労によって筋肉の収縮があるのでそれにたいしてアプローチしていく。 しっかりとストレッチもかける。押さえて痛むところには筋肉やその周辺の組織の細かな修復をしていく。ここも多少時間がかかったが押さえての痛み、階段の昇降時の痛みも無くなり改善。次に肘。 伸ばした時に痛む筋肉にたいしてアプローチをかけていくことで改善。最後に全身を調整していく。施術後に来院時にあった症状を全部確認していき、すべて改善されている事を確認できたので施術終了。自宅でできるケアを再度ご指導させていただいた。症状は改善したがここまでの全身の疲労があるので、戻らない為にあとはどれだけ身体が回復してくれるか。大腰筋にたいしてアプローチをかけているので大分変わってくるはず。ケアをしっかりしていき、また全力でプレーしてもらいたいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】 🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706