kiu

記事一覧(35)

オスグッド病 バドミントンをしている男の子

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。お久しぶりですm(_ _)m約半年ぶりの症例ブログ更新ですm(_ _)m【10代 男の子 バドミントン】先月の施術なのですが、昨日にお母様よりご報告を頂きました。現在中学最後の総体を控えた中学3年生。2年生の夏頃より両膝が痛みだし、整形外科にてオスグッド病と診断された。そこから膝のサポーターをつけてなんとか練習をしていた。それから良くなったり悪くなったりを繰り返している。しかし総体を約1ヶ月後に控えた先月に痛みはピークに。練習後は痛みが酷く、自宅へ帰宅するのも一苦労だそう。以前に来院されていたお知り合いの方の紹介で来院。状態としては、膝蓋骨(膝のお皿)の下をおさえると痛む。アップ開始時のランニングから段々と痛みが増してくる。 特に膝に負荷が強くかかるしゃがみこむような動きや、ネット前でのステップはかなり痛む。ジャンプ着地時などの衝撃は膝に力が入らなくなってコケそうになる時がある。来院時に動作確認をさせてもらったが、ほぼどの動きでも痛みは強く出ます。軽症では無い感じ。といった印象を受けたのを覚えています。実際、大腿部(太もも)の前側も後ろ側も相当な疲労具合。ガチガチ。  脹脛(ふくらはぎ)も同様。身体のズレ、捻れも大きく見られます。とにかく疲労がすごいな。。。まずは身体のズレ、捻れを先に戻していく。次に膝周辺の施術。ここがかなりの苦戦。  なかなか取りきれた感覚が確認できない。長い時間をかけてアプローチを続けたので所々休憩を加えながら続けます。だいぶ取れてきたところで動きの確認です。ジャンプの着地時の痛みはほぼゼロになりましたが、膝を前に曲げていく痛みは軽くなったもののまだ残っている。大腿部周辺の筋肉にはだいぶ変化が見られるので、恐らく他の部分が原因していそう。身体の疲労度的に腰部の疲労も強いだろうと予想し、腰部のアプローチに移ります。腰部のアプローチを行った際に、男の子『うっ! そこなんですか? めちゃめちゃ痛いです。骨押してますか?』大丈夫。 骨は押してません ^^;腰の深部の筋肉に対するアプローチです。ここが疲労し切っている人は上からその筋肉に対して圧迫された際に結構な鈍い痛みがでます。疲労が取れてくると鈍い痛みも無くなっていきます。おそらく残っている膝の痛みの原因はここでしょう。ここの疲労は膝の症状に対してもかなり関与してきます。深部に対してのアプローチを終えた後にもう一度痛みの確認。これで膝を前に曲げていく時に出ていた痛みはほとんどゼロに近い状態に。屈伸するように最後まで膝を曲げていくとほんの少しだけ違和感に近い痛みがでるくらい。ここは動きの中で改善していくかな?と思いこれ以上は深追いせずにここで施術を終えました。来院時に動作確認で出ていた痛みは今のところ大丈夫な様子でした。そして昨日、お母様よりご報告をいただきました。施術の2日後くらいまでは少し重だるいような感覚と練習後の少しの痛みはあったそうですが、その後は部活からの帰宅後も痛みについては何も言わず、どうなの?と聞いてもどう痛かったか忘れてきた。との事です。疲労具合からみても、正直一度の施術だけではどうだろうか??  と思っていたので安心しました。経過を見てみないとわからないというのもあるものです。無事間に合いそうで良かったです。中学最後の総体。  是非頑張っていただきたいです。あともう一つ。  これはご本人、ご家族の方からではなくそのお知り合いの方に聞いたのですが^^;以前に来院されたバドミントンをされている高校生の男の子がインターハイへ出場する事になったようです。こういったご報告を聞けるのも本当に嬉しいです。本当は直接おめでとう。頑張ってね!とお伝えできたらと思うのですが、学校に練習にと相当忙しいと思うので。もし何かのタイミングで伝わればと思います(^^)!皆精一杯頑張れ!!!応援しています。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

膝に水が溜まっての痛み。曲がらない!

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代  男の子  ハンドボール】施術後にご報告を頂きました。ハンドボールの練習中に膝に違和感が出だし、段々と腫れたような状態となり曲がりにくくなった。膝周辺は押さえるとブヨブヨの状態。90度近く曲げようとすると制限がかかり、そこからさらに曲げようとすると痛む。すぐに整形外科に行き検査を受ける。検査結果は膝が炎症を起こし水が溜まっているとの事。水を抜いてしまうという治療の選択肢もあると言われたそうです。週末に県外での遠征があるのでそれに参加する為に急遽ご来院されました。来院時、膝周辺は左と比べると目視で分かるほど膨れていました。触れてみるとブヨブヨ。 確かに水が溜まっていました。まずはその水を流していきます。そもそも身体にとって水は必要なもの。自分の身体が判断してそこに水を溜めています。なので水を抜けば多少は楽になると思いますが、原因が改善していなければその部分にまた水は溜まっていきます。これは井戸と同じで、水をいくら汲み取ってもそこに蓋が無ければまた水は溜まってしまうのです。原因となるものが無くなれば膝に溜まる水は自然に流れていくのです。という事で、水をまずは流します。15分ほど水を流す為の施術。この時点で右膝の膨らみはだいぶ引いていき、触れてもほんの少しの膨らみがあるかな?といった状態になった。膝の曲がる角度は90度を軽くこえていた。次に膝周辺だけではなく、太腿(ふともも)の前側裏側等、膝から遠く離れた場所から筋肉の緊張(ハリ)を改善させていきます。この施術後、膝の水の膨らみがほぼわからないほどになった。曲がる角度も左膝とほぼ同じ。 曲げての痛みも改善。  立ってもらい屈伸、ジャンプ、ハンドボールのジャンプシュートの着地、などの動きをしてもらったが痛みは出なかった。おそらくこれで大丈夫。これでその日の施術を終えました。そして後日、周辺の県外遠征にも参加。 無事に遠征の練習にも参加でき、その後の状態も良好で現在も変わりなく練習に参加できているとお母様からご報告を頂きました。ほっと一安心。学生スポーツの時間は限られています。 短い期間の中で怪我等によって休まざるえなくなったその1日、その1週間は戻って来ません。できるだけその限られた時間を全力で楽しんでほしいと思います。是非ラストスパートに向けて頑張ってもらいたいですね!最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

オスグッド バレーをしている男の子

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代 男の子 バレーボール部】先週末が3回目のオスグッドの施術。初来院時の状態は、ジョギング程度のスピードで走るのが痛い。(酷い時は軽く歩くのも痛みあり)屈伸時に膝が曲がり出す時が痛い。ジャンプでの離着時が痛い。膝のお皿下あたりを押さえると痛い。・1回目の施術来院時にあった痛みは全て改善がみられ帰宅された。・2回目の施術初回施術から3日間程は調子が良かったが、また少しずつ痛くなってきた。 初来院時前よりは痛みはマシ。 初来院時の痛みが10だとしたら5程度の痛み。  来院時の痛みは改善がみられ帰宅。・先週末3回目の施術だいぶ膝が動くようになってきた。 部活の練習にフルで参加できている。 まだ少し痛みが出る調子の悪い日もあるが、痛みとしては1や2程度の痛み。 調子の良い日は一切痛みが出ない。 この日も来院時の症状は全て改善がみられ帰宅された。だいぶ調子が良い様子です。彼の場合、膝周辺(太ももやふくらはぎ)の筋肉の硬さもありましたが、主な原因は腰の深部に在る筋肉でした。最近来院される子でここが原因で膝の痛みが出ている子が本当に多いです。普段からの姿勢もかなり関わっているんだろうなと思います。この後はある程度動いてもらっていた方が症状がもっと引いてくるのではないかと予想しております。またもし報告等がありましたら書きたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706

オスグッド その後とジャンプ着地時の痛み

ご訪問いただきありがとうございます。香川県さぬき市【スポーツ障害専門 オスグッド病 きうち自然形体院】の木内です。【10代  男の子  ハンドボール】少し前の施術になるので、思い出しながら・・。去年の年末に整形外科にてオスグッド病と診断され、知人のご紹介でこちらに来院。体育の授業の後、膝のお皿の下あたりに骨が出っ張っている事に気付いた。押さえると痛く、膝を曲げてしゃがむのも痛い。ハンドボールの練習中も走ると痛いし、踏ん張るように下半身に力が入ると痛い。あとは正座するとかなり痛む。といった状態でした。1度目の施術後に痛みは改善し、ご帰宅された。そして今月に入って2度目のお電話を頂いた。お母様のお話では1度目の施術後はその後、一切膝の痛みも出ず、直ぐにハンドボールの練習にも復帰されたとの事。施術後はどうなったかなー?と思っていた頃に丁度お電話を頂いたので嬉しいご報告でした。今回は、また少し膝が痛む感覚が出てきたのでご来院されました。ご来院時の状態は、ジャンプの着地時に膝が痛む感覚がある。前回のオスグッドの部分とは少し違う場所。前回のオスグッドの症状の再発とは違う様子。軽く走る程度なら痛みは無い。施術開始です。全身を調整しながら施術をしていく。膝の施術に移る。膝の曲げ伸ばしに関わる筋肉に少し緊張が見られるので緊張をとっていく。ここでジャンプしてもらい痛みの確認をするが痛みは変わらない。痛みが出ている周辺の組織の修復をしながら動作をしてもらうが、これも痛みは変わらない。この後もいくつか施術方法を試すが、なかなか痛みに変化は見えない。若干焦る。必ず原因はあるはずなのですが・・。彼『なんか飛んだときに足が置いていかれる感じがして着地した時に痛い。』ここでやっと気付きます。私の手で彼の足をしっかり固定しながら、私の方に向かって全体重をかけて寄りかかってもらう。これで確認。ジャンプしてもらう彼 『全然痛くない!!』私 『全く痛くない?』彼 『全く痛くないです。』色々な動作を試してもらうが、痛みは出なかった。症状のある方の足の骨(関節)のズレが痛みの原因でした。彼の途中の痛みの表現が無ければもしかしたら見逃すところでした。これは施術の序盤で確認しておかなくてはならない事です。施術家として本当にまだまだですね。猛省です。とりあえずは症状が改善してくれて良かった。最後に再度全身の細かな調整をして本日の施術を終えた。前回のオスグッドに関しては改善しているようです。今回はまた別の原因でしたので。もっと早い段階で結果を出せるようにならなくては。 と思った施術になりました。最後まで読んでいただきありがとうございました。オスグッド病(成長痛)、有痛性外脛骨、シーバー病、ジャンパー膝、野球肩、野球肘 等のスポーツ障害の他、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、椎間板ヘルニア、半月板損傷、肉ばなれ、捻挫、等々でお悩みの方はどうぞご相談ください。 【きうち自然形体院】🏠 さぬき市志度870-10 📞  087-894-1706